アメリカのペインティング教室へ行く。

先日友人宅へお邪魔した時、素敵なお花の絵が飾ってありました。

キャンバスに描かれたその絵は、その友人が描いたとのこと!!

MA・JI・DE?!!

 

 

どうやらペインティング教室があり、単発1回完結形式で描かせて貰えるのだとか。

まぁなんとお手軽♪

 

絵を描くのって小・中学生ぶりくらい??

夫を誘ってみたら「美術は苦手。」の一言。
だけど、最寄りの教室のURLを教えてもらったので早速1人で予約して行ってみました!!

Painting with a Twist
https://www.paintingwithatwist.com

私が予約したのは15歳以上の2時間クラス。$35。
まぁお安い。。。。

 

予約完了メールには「15分前には到着してスモッグを着て準備してね」的なことが書いてありました。

うん、遅刻。
それ読んだの開始20分前だもんっ♪(´ε` )ヲイ。

 

なんとか開始10分前に到着。

受付で名前を言うとエプロンを貸して貰い、早速始まるようです。。

 

ちなみに持参物食べ物と飲み物。

コップとコルクスクリューは貸してもらえるのだそうですが、遅刻したから飲み物出す余裕もないし。。。。
みなさん、お酒飲みながら描くみたいです。(要 ID提示)

描くための道具や材料はぜーんぶ揃ってます!!

 

テーブルにはこんな感じで準備してありました!!

 

早速、塗り方の説明。

「最初は大筆でこんな風に、この色とこの色を混ぜて〜」とデモストレーションしながら説明してくれますので、同じように真似していきます。

 

備忘録

大筆使用。

背景お水少し多め。
黄色と橙を混ぜ、キャンパス上部から下方へ塗っていき茶・赤・黒と加えながら塗る。この時、角部分は避ける。

黄色・白を混ぜ、角から上方へと向けて塗って行く。他色を混ぜて良い。

同じように黄色・白ベースで他の背景部分も同様に塗って行く。(ハケの向きは上下に動かす)

背景の牛の頬のラインに接する部分は黒・白を混ぜて影を作っておく。

白で角を塗る。
黄色と白を混ぜて淡い黄色を作り、角に対して垂直方向に細かいラインを入れ立体感を作る。
黒と白を混ぜて、薄いグレーを作り、細いラインを斜めに入れ、角に影を作る。

胴の部分は白・橙をベースに黄色・赤・茶・黒などを好きな色を混ぜ塗って行く。
顔との境部分には黒系で細い傾斜ラインを描き、影を作る
立体感を出すために、薄く黒で「s/y/c」の文字を入れて、白で細い傾斜のラインを引きポイントにする。

橙の細い線で頭部と角の部分に毛並みを書き、
同じく橙一色で両耳・おでこ・目と瞼を避けた、向って右目頭より左半分を塗りつぶす。

右目下の頬は橙に白を加え塗りつぶす。

瞼と鼻・口部分は白・赤・橙を混ぜて塗る。この時に若干グラデーションをつけると良い。

以下、中筆使用。

目・耳を黒く塗り、鼻・口も書き加える。影は細いラインを引く。

おでこと鼻筋に白の細ラインを入れ目に光のホワイトを入れる。

 

 

プハァーーー!!
2時間でここまでが精一杯でした(´・Д・)」

うーん。。。

 

とりあえず帰らなきゃだけど、、、ホントはまだまだいじりたい。。。

確かMyお道具箱に100均の筆を忍ばせておいたはず。。。

余った絵の具をそのまま貰って帰り、上からぬりぬり。。。

だんだん目が衰えて夜の作業が苦手になってきたというのに、薄暗セピア色の照明の中でよくここまで書けたわ。

 

タラーンっ!!

細かいところ言うと全然だけど、なんとなくそれっぽく見えるかしら??

 

これはとても楽しいっ!!

リビングテキサス化計画にも使えるし、数ヶ月に1回通うことにしましょう♪

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください