フェアトレードのハンドメイドアクセサリー

お友達からお誘いがあって、フェアトレードのハンドメイドアクセサリー販売イベントに行ってきました。

フェアトレードって、生産者である主に発展途上国の人々に、ちゃんと見合った代価を払いましょう。ってシステム。

日本でも十数年前に「BODY SHOP」とかがフェアトレード促進してるって聞いたことある。。

要するに、発展途上国から物や労力の無謀な摂取はしないから、貧しい人々の幸せに貢献できるよ!的な。

ぶっちゃけると、快適な生活は途上国の礎で出来ていると思っているから、あまりフェアトレード自体は興味が無かったんだけれど、、、。

あぁ、わたくし嫌なヤツってイメージ付いたかしら?
でも、寄付は好きだけど募金は嫌いなの。

フェアトレードシステムの商品って、ちょっとお高い分ちゃんと顧客層に合わせて商品の質にもこだわっているから、その点は結構好き。

もちろん、アーチスト質の高いハンドメイドアクセサリーや工芸品は大好きです!!

実際なんとなしに見に行ってどこどこのアーチストさんの作品でーーとかって聞くと作品にもとっても親近感が湧きました。

しかも作りも丁寧で可愛いの!

私が買ったのはタヒチの女性が作ったブレスレット。
革の部分がとっても触り心地気持ちよくて、カジュアルに何でも合いそうなのに、大人かっこいい!!

この留め具に一目惚れしました!!

このブレスレットを作ったタヒチの女性は、貧しさにせいで子供を育てられず手放しちゃったんだけど、このシステムのおかげで収入が入り、今は2人子供に恵まれて暮らしていているのだそう。

そして電話をひくことが出来るようになって、離れ離れになった子供とつながり、今度会える事になったんだそうです。

上手く聞き取れなくて間違ってたらごめんなさい(汗

うん、なんだか私も良いことした感♪
これぞ醍醐味なんでしょうね。

ちゃっかり会場に用意してあったオレンジジュースとシナモンロールも頂いてきました。
このテーブルデコレーション可愛い。。

カップケーキって見てるだけでどうしてこんなにテンションあがるのかしら?

 

そして、もう1つネックレスを注文したので、それも届くのが楽しみだよぉ!!

Alison Means [Independent Ambassador]
521-808-6482
ameans@gmail.com
www.alisonmeans.noondaycollection.com

 

 

テキサス大学ゴールデンウィーク ジャパニーズ フェスティバル2019

先日、テキサス大学で、日本好きの学生がジャパニーズフェスティバルを開催しました。

毎年 春と秋に行われていて、今回からは西側コープ向かいのユニオンビル2階にて開催。

 

2階の会場では中古本($1/冊)・日本小物の販売や、ステージショー・学生たちによる体験型ゲームイベントなどが用意されています。

ゲームの内容は、漢字当てクイズ・おみくじ・水書道・輪投げ・折り紙etc..

入り口でスタンプカードを受け取って、体験ゲームをするとスタンプを貰える仕組み。
スタンプが5個溜まると焼きそばが無料で貰えます。

建物内は火が使えない為、建物西側の中庭で作って提供されていました。

この日 提供されていたのは、
・焼きそば スタンプカード引き換え
・棒アイス $1/本
・たこ焼き $1/3個

たこ焼きは作るのが間に合っていない感じだったので断念。
先生曰く「中身はタコではなく、ハムとチーズ」だそうです。

焼きそばは、なんと麺がイングリネパスタ!!
そうだよね、中華麺とか高くて使えないもんね。。。

でもナイスなアイディアに感激しました。
味は麺の関係上、焼きそばよりも焼うどん寄り?

ヨーヨーを貰ったりもして、大変楽しい時間でした。

帰りはコープに寄り道して、ベビちゃんのお洋服を選びに。
1歳半くらいになるとワンピースやチアのお洋服着せたりして可愛いんだろうな?

バックタグ・マグネット・ファイルも合わせて購入。
この褐色オレンジ見てるとテンション上がるんです♪

 

久々に通ったのですが、コープ横の広場の壁画が変わってた!!

 

オースティンやテキサスの壁画なのですが、
「コレが何々で~、あっちがーー 」ってわかるようになってきた私もテキサンと名乗っていいかしら?

オースティンマラソン 2019


今年も行ってまいりました、Austin Marathon オースティンマラソン!
とはいい 今年は応援だったのですが、魅力をお伝えします!!

オースティンマラソンに興味を持ったのは、SNS上で「Team Japan」への参加募集でした。
同じCity内で開催されるため、参加するにも近いし、何より完走すると貰えるメダルが魅力的!!
ってなことで、前回5kマラソンに参加したのが始まりでした。

 


2019年 Austin Marathon half & full 6.5Mile 地点

規模

オースティンマラソンの2019年の完走者(ハーフ/5k 含む)は 13,917人 だそうです。
ちなみにオースティンマラソンは抽選とか無いです。

日本のマラソンは希望参加人数が多くて、申し込むにも抽選式なんだそうです。
参加費払って申し込みするのに抽選って!!
東京マラソンに至っては12人に1人。
そんな殺到するのならもう少し参加費上げて応募者絞ればいいのに。って思うけれど、みんな平等なのが日本なのでしょうね。
運営費で自治体に支払って開催回数増やしたり企業巻き込んで大会の内容を充実させたりする方が雇用や地域収益が増えて、結果地域経済と参加者の希望を叶える事になるのでは?
と、勝手に思う。。。

募集要項より九州のマラソンの募集人数を調べてみました。

・北九州マラソンは(3k/5k 含む) 12,000人
・熊本城マラソンで(30k/3k 含む) 14,650人

コース

コースの種類は3種類。
・5㎞マラソン
・ハーフマラソン
・フルマラソン


2019年 Austin Marathon 5k スタート地点

開催日程 

(※2019年参考)

2月の日曜
7:00 am フルマラソン・ハーフマラソン スタート
7:30 am 5㎞マラソン スタート

ゼッケンの受け取り
金曜 1:00 pm ₋ 7:00 pm
土曜 10:00 am – 5:00 pm

 

会場

スタート・ゴール地点はオースティンダウンタウン。
ストリートにはミュージックライブ・企業ブース・フードトラックなどが集まりお祭りムードです。
選手ではなく応援者でも、選手のゴールを待つ間に色々見て回ったりで楽しく過ごせます。

中でも企業ブースで、商品の試食やサンプルを配っていたり応援グッツを配布していたりで、ふらり回ってみる価値ありです。

出場費用

Event

Final Price

Current Price

Austin Marathon

$175

$99

Half Marathon

$155

$80

5K

$65

$35

VIP

$150

 $99  

出場登録料は早期割引が適応されます。
上記料金表は2月中の申し込み価格です。

 

貰えるもの

完走したらフィニッシャーメダルがもらえます。
ハーフ・フルマラソンの完走者はベルトのバックルにもなるタイプ。
これがまた重厚でかっこいいんです!!

前日までのゼッケンを引き換えに行った際に貰えるのが、大会の選手Tシャツ
2018年からアンダーアーマーがオフィシャルサポートになったので、アンダーアーマーのTシャツです。
さすがスポーツメーカー、これが結構優れモノ。
最終日の遅い時間に行ったら「サイズが無いからまた明日来てくれ」なんてこともあるらしいので、出来る限り早目に受け取りに行くことをお勧めします。
手間がかかるし、当日に着用出来なくなっちゃいますもんね。
更に、ハーフ以上の選手にはナップサックが貰えます。

あとは、ゴールした時にペットボトルのお水スナックセットが渡されます。
シロップ漬けのフルーツとチップスなどが入っています。

 

まとめ

5kは歩いても1時間程度の距離なので、是非体力に自信が無い方でも1度は参加してみてほしいイベントです。
次回はみんなでオースティンマラソンに出ましょう!!


2019年 Austin Marathon 5k  出発地点

 

「Team Japan」の前日レセプションの模様
-「オースティンマラソン チームジャパン レセプション

Austin Marathon
https://youraustinmarathon.com/

 

オースティンマラソン チームジャパン レセプション

テキサス州のオースティンではいくつかマラソン大会があっているのですが、人気のマラソンの1つに「Austin Marathon」オースティンマラソンがあります。

毎年2月に開催されていて、5㎞・ハーフマラソン・フルマラソンがあります。

参加するにあたってチームが設定できるのですが、チーム参加人数35人以上でゴール地点近くにテントが設置してもらえるという特典付き。
なので出場する日本人関係者には「Team Japan」での参加を呼びかけられています。

けれど、もともと日本人がさほど多くないこの地域。
分母が小さいのでなかなか人数が集まらず、、、なんですが。。。

マラソンとか全く興味なかったのですが、せっかく近くに住んでいるし、完走したらもらえるメダルも可愛いし。
ってなことで去年は5㎞マラソンに参加。
ランナーズハイになり、余裕の30分弱で完走。
途中めっちゃ遊んでたから走行のタイムとかわからないけど。。。

今年も参加できるのを楽しみにしていたんですが、妊娠して周囲から全力で反対されてしまいました。
確かに、さすがのアメリカでもお腹の大きな妊婦さんが5㎞とはいえマラソン走っているのは見たことが無いかも。。。

夫はハーフに出場してみると年末頃から徐々にトレーニング開始。

 

「Austin Marathon」「Team Japan」では、毎年オースティンの姉妹都市である大分からゲストを呼んだりされていたのですが、今年はヒューストンの日本領事館の方々も参加されるとのこと。

今年はご厚意で前日にディナー会を開いてマラソン出場者や給水ボランティア、その他関係者の方々を招待されるとのこと。
私も夫にくっついてご招待頂き行ってまいりました!!

場所はドメインにあるイタリアンレストラン。
小さなイタリアンレストランを貸し切って行うのだと思っていたら大間違い!!

ゴージャスなホワイエからいくつものホールに分かれていて、1つの部屋をTeam Japanの会場としてありました。

あぁ、イタリアンだからと思って恥ずかしくないくらいのドレス着て行ってよかった(汗

レセプションは 当然ながら公用語の英語です。
うん、何言っているのかさっぱりわからないので、聞いているフリしてパクパク食べてました。

うん、美味しい♪

デザートも美味しくてガッツリいただいちゃいました。

あぁこんなのが毎年あると、もっともっと盛り上がっていくんだろうな。

来年にも期待して、私も来年は5㎞マラソンをストローラー押して「Team Japan」で参加するぞー!!

 

Austin Marathon
https://youraustinmarathon.com/

 

 

メモリアルデーのアウトレットモール割引率

アメリカの祝日はセールがあって、普段よりもずっと割引率が高くなります。

ってな事で行ってきました、テキサス州サンマルコスのプレミアムアウトレットモールタンガーアウトレットモール!!

2つのアウトレットモールは細い道を挟んで隣り合わせにあるアウトレットモールなのですが、それぞれに同じブランドのショップが1店舗づつあったり、なぜか合わせると3店舗もあったり。

もちろん、片方のアウトレットにしかないブランドショップもあります。

それぞれ品揃えや価格・割引に違いがあって、最近は私もベテランさんになりつつあるのか、欲しいものと価格帯がマッチする店舗を選んで廻れるようになりました!!

ちなみにアメリカでは1年で特にこの2つの祭日が割引率が高いようです。

74日「Independece Day」(アメリカ独立記念日
11月第4木曜日Thanksgiving Day」(感謝祭)

普段めったにデパートやアパレルショップなどお洋服の買い物は行かないのですが、我が家は特に用事がなければ「お買い物Day」としてアウトレットモールに出かけています。
その中でも11月のThanksgiving DayBlack Fridayと合わせて、半お祭りイベント感覚でお買い物を楽しんでいます。

今日行ったのは4店舗。
プレミアムアウトレット:ロクシタン
タンガーアウトレット:アディダス・ポロ/ラルフローレン・バナナリパブリック

お買い物したい内容によりますが、我が家は1ヶ月くらい前に好きなブランドや必要品は揃えてしまっていたので、今回は「安かったら日用使いのを買う。」というスタンスでのお買い物です。

まずはプレミアムアウトレットのロクシタン。ロクシタンはプレミアムに1店舗のみ。
今日はポーチに入れておくハンドクリームの買い足し。
ちなみにベーシックなアイテムの「ハンド&ネイルクリーム(30g)」は$12。
日本は定価で¥1400だからあまり大差なし。

この日は店内の割引されている黄色い札は表示価格より更に20%offでした。
セット物は割と黄色い札が多くて、バラで買うより30%前後安い表示。ここから20% offだから、2buy1get的な感覚かしら。まぁ欲しいのがあったら悪くない。

小さいハンドクリームを探していたら、ピッタリのを発見!!
3本×10g 缶入りで割引価格$10→$8!!
アメリカの劇場などは手のひらサイズのポーチ程度しかバックの持込が出来ないので、このサイズは助かる!!
すぐになくなりそうだけど、、、その時にまた買いに来よう。。

タンガーアウトレットのアディダス
普段はスルーするアディダスショップ。最近はナイキばっかりで、先日も沢山スポーツウェア購入したばかりなので、アディダスに入ってみました。

ゴルフウェアとテニスウェアが結構充実!
物はナイキの方が良いかもだけど、用途にあったものの種類が選べるのは嬉しい!!
ジッパーで脱ぎ着できるアウターも薄い物から暑いものまで欲しいものが置いてある。。。

ココ意外と使える?!

この日は表示価格よりグリーンのタグが30%off、オレンジのタグが50%offでした。
パーカー:通常$65→アウトレット価格$44.97→オレンジタグ50%off $22.48
テニススカート:通常$40→アウトレット価格$24.99 →グリーンタグ30%off  $17.49
といった塩梅。

あとで思い出したのですが、インフォメーションなどで$5で購入できるクーポンを使うと$125以上の購入で$25引きが使えた!!
ちっ。少しの手間で更に差額$20お得だったのに。残念。。。

タンガーアウトレット ポロ/ラルフローレン
ここは定番で立ち寄ります。

プレミアムアウトレットの方が断然品揃えが多くてお洒落なんですが、タンガーアウトレットで気に入ったものが見つかれば超お買い得!

割引価格から全品40%off!!
なので・・・
ポロシャツ:アウトレット価格$39.99→割引価格$24.99→割引価格$14.99→当日40%off $9
ワンピース:アウトレット価格$99.99→割引価格$59.99→割引価格$49.99→割引価格$29.99→当日40%off $18

もう訳がわからないよ。。。。

以前は更に学割が適応されていたんですが、今回はミリタリーのみだそうです。
ほかの日は使えることを切に望みます。。。

タンガーアウトレット バナナリパブリック

日本人の普段着御用達バナリパさん。
プティサイズが有難いです。プティサイズはかなりデザインが限られますが、ジーンズなどカットしなくても履ける素晴らしさ!!
プレミアムアウトレットにもバナリパさんはありますが、品揃えと割引率はあまり大きく変わらない印象です。
どちらも学割適応で、事前に電話番号登録しておいたのでどテキストメッセージでちらの店舗でも使用可能な20%のクーポンが来ていました。

Tシャツ:$26.99→60%off $10.80→学割10%off $9.72→クーポン20%off $7.78
Yシャツ:$59.99→50%off $29.99→学割10%off $26.99→クーポン20%off $21.59

この日の買い物全部で$370程度。
先日も来たばかりなのに また沢山買っちゃった。。。
って思っていたけれど、よく考えれば格安すぎてその辺の適当なお店で買うよりよっぽど良い。
むしろ普段、お洋服はあまり買わないので、アウトレットでまとめ買いはよっぽど経済的ですよね。

確かにファッションに興味なさすぎて、補習校のママ達のキラキラ感に圧倒される時がありますが、、、
あれ?おかしいな。私子育てはもとより出産すらまだなんだけど。。。
今度根掘り葉掘りキラキラの秘密を聞いてみませう。

N.Y.の「蚤の市」フリーマーケット

ニューヨークに到着して、ランチでも食べに行こうとホテルを出て散策してたら、なんとラッキーなことにフリーマーケットに遭遇!!

もう大好きっ♪
まぁ私にとってはアンティークマーケットの方がトキメキ感は強いけれど、フリーマーケットでも大歓迎!!
ビンテージ品とかいっぱいあるし!!

お腹ぐーぐー言ってるけれど、すぐに見て回ってくるから待っててねダーリン!!

どうやらTHE ANNEX MARKETSが主催している「 HELL’S KITCHEN FLEA MARKET」といって、毎週末フリーマーケットが行われているらしい。

 

うーん、ボロボロというか、ブローキンなジャンクドールたちがいっぱい居る中に、なんかチラホラ見えますね、、、ミルク掛かったポチポチしてるやつやら、翡翠カラーのやつ。。。

最近 夫と一緒に見ていると「コレは??」ってそれらしきのを見つけては、私を呼んでくれるようになりました。
これも私の趣味に付き合わせているせいなんだよね?
成長なのか調教なのかわかりませんが、よく出来た夫で感心感心。

チャラーン。

ドーン。

ぐはっ!!

これ、わたくし拝見したことがございましてよ。
日本の「ファイヤーキングBOOK」のお宅訪問の記事に写ってた。

$125かぁ。
知っている人からしたら欲しがるアイテムかもしれないけれど、私はまだこの子の素姓を知らないのです。
バックスタンプは無いし、ジェダイブックでも買って調べるか??
持った感じずっしりいい感じでした。

 

おっ??
ファイヤーキングのレストランウェアー ディナープレートが$10!!
でも実は表に大きなチップがあるんです。。。

さすがにこれは許容できないレベルのカケなので残念バイバイ。。。

 

蚤の市だけあって、結構汚れのヒドイジャンク品が多い感じ。
まぁその分レア物も混じってたりするんだろうけれど、たまには面白いですね。

残念ながらちょっと小規模でしたので、他にも無いか調べてみました。

 

今回行ったのは「HELL’S KITCHEN 」というW. 39th St. 9th Ave.のところだけれども、「CHELSEA FLEA MARKET」というW. 25th St. 6 Ave.にも「THE ANNEX MARKETS」が主催している同系列フリーマーケットが行なわれているらしい。
こちらは入場料$1掛かるけども、野外と室内で規模も大きく、写真で見る限り「HELL’S KITCHEN 」よりも幾分小綺麗に見える。

THE ANNEX MARKETS
http://www.annexmarkets.com

 ・HELL’S KITCHEN FLEA MARKET
W. 39th St. Btwn Ninth Avenue & Tenth Avenue

9:00 AM – 5:00 PM
Every Sat. & Sun.
FREE Admission

・CHELSEA FLEA MARKET
W. 25th St. Btwn Sixth Ave. & Broadway

6:30 AM – 6:00 PM
Every Sat. & Sun.
$1 Admission

 

この他にもアッパーウェストサイド辺りで毎週日曜日に開催されている「Green Flea Market」など色々あるようですので、興味とお時間のある方は是非!

Green Flea Market
100 West 77th St., NY, NY 10024.

10AM – 5:30PM
Every Sunday
http://www.greenfleamarkets.com

テニス「全米オープン」US OPEN フードショップ

テニス「全米オープン」US OPEN は残念なことに飲食物は持ち込み禁止です。
(離乳食やメディカルを除く)

チェックは大変厳しくてキャンディやタブレットミントすら持ち込むことが出来ないので、会場内にいったいどんなものがあるか気になりますよね?
折角なので美味しいものを楽しみましょう!!

会場内にあるのフードドリンクをご紹介します。

フードコートがずらりと並ぶエリア。
カレー・タコス・ピザ・サンドウィッチ・BBQ・ホットドック・ハンバーガー・アイスクリーム・オイスター(生牡蠣)などなど

ざっと見て回ったらフード類は大体$10〜$15くらい。
フランクフルト(ホットドック)は$6.50〜。

もちろん、ビールやスナックも買えます!!
早い段階で一回下見をしておくのがオススメ。

なぜなら、、、


↑午前10:30くらいの風景。

 


↑12:30頃になると長蛇の列!

 


野外フードコート。
大きなモニターもあるので、のんびりお外で食べながら観戦もできます。

 


いろんなスタジアムの近くのお酒やドリンク・スナックが売ってあるショップ前。
立地が良いのでいつも賑わっています。

 


バーカウンターも会場内あちこちにあって大人気。

メニューの一例
・プレミアムカクテル $12.50
・スパークリングワイン $12.50
・ハイネケン(16oz. Can) $10.50
・ペットボトル炭酸 $5.50
・ミネラルウォーター(evian 500ml)$4.50

 


私はナチョス($14)が大好きなので、スタジアムの外にあるタコスのお店で買って移動!!


生観戦しながらが食べるのが一番贅沢ですよね!!
ケチャップやマスタードをたっぷり掛けるのをお忘れなく。


アーサーアッシュスタジアム内にはフード・アルコール・グッズの売店など色々あります。
お外のフードコートにあったテナントも入っていますが、スタジアム内も広すぎて好みのを探すのも大変なので、食べたいものが決まっているのであれば、お外で買うのが賢明です。

逆に特に好みがなければスタジアム内が空いています。

アーサーアッシュスタジアム内「 Franks&Sausages」のお店
メニューの一例
・フランクフルト(ホットドック)$6.50〜$8.75
・スナック $3.75〜$6.50
・ハイネケン(16oz. Can) $10.50
・スーベニアソーダ(大きめサイズ スーベニアカップ付き)$7.50
・ファウンテンソーダ(普通サイズ 普通の透明カップ)$5.50
・ミネラルウォーター(evian 500ml)$4.50
・コーヒー $4.00

 

ぜひオススメなのがUS OPENのオフィシャルカクテル。($16)
これも会場のあちこちやアーサーアッシュなどの大きいスタジアム内でも購入することができます。
グレードの高いお酒を使ってあるので、とっても美味しくてブルジョワ気分に浸れます。


しっかりした作りで、歴代の優勝者の名前が入ったオリジナルのスーベニアカップに入れてくれます。

US OPENのオフィシャルカクテルを再現してみました
-「【レシピ】US OPENカクテル「GREY GOOSE HONEY DEUCE

 

 

オフィシャルグッズで楽しもう!おすすめ紹介
-「テニス「全米オープン」US OPEN グッズショップ

US OPEN 会場への持ち込み禁止物や、カバン規定などについて
-「テニス「全米オープン」US OPEN持込み手荷物

US OPEN 会場へ何持っていったらいい?
-「全米オープンUS OPENで持って行くオススメアイテム

US OPENのオフィシャルカクテルを再現してみました
-「【レシピ】US OPENカクテル「GREY GOOSE HONEY DEUCE

 

テニス「全米オープン」US OPEN グッズショップ

テニス「全米オープン」US OPEN の会場に行ったら、ショッピングも楽しみの一つ。
会場内のグッズショップをご紹介します。

 

グッズショップ

US OPEN のオフィシャルグッズ屋さん。
ここの他にも、室内のショップやアーサー・アッシュスタジアム内などに売店があります。

 

折角なら早めに会場へ行き、試合がはじまる前の時間を使ってグッズをチェックしておきましょう!
昼ごろから人が溢れて選ぶのも大変になってしまいますので、比較的に空いている朝の時間がオススメ!!

帽子・ピンバッチ・サインペン・タオルなどを買って、すぐに使うものオススメ。
シーズン後半になってくると、帰りに買おうと思っていたTシャツなんかも人気のものから売り切れていきますので、気に入ったものがあれば先に購入しておきましょう。

購入したアイテムの中からオススメのもの。

・帽子 $30
・ナップサック $10
・Tシャツ $26
・ショッピングバック $5

・Tシャツ $34
・帽子 $30
・ピンバッチ $10
・ショッピングバック $5

・バスタオル たしか$40くらい
・スポーツタオル $20
・サインペン $3

一眼レフやタオルなど沢山入る、あると便利なナップサック。

 

この他にもブランドさんのショップもあります。
POLOやNIKEなど、US OPEN 限定モデルなども扱っていますので、好きなブランドがあれば立ち寄ってみてください。

 

会場での食べ物・飲み物
-「テニス「全米オープン」US OPEN フードショップ

US OPEN 会場への持ち込み禁止物や、カバン規定などについて
-「テニス「全米オープン」US OPEN持込み手荷物

US OPEN 会場へ何持っていったらいい?
-「全米オープンUS OPENで持って行っていくオススメアイテム

US OPENのオフィシャルカクテルを再現してみました
-「【レシピ】US OPENカクテル「GREY GOOSE HONEY DEUCE

 

全米オープンUS OPENで持って行った方が良いオススメアイテム

テニス全米オープン(US OPEN)持って行った方が良いオススメアイテムを記載します。

これまでに3回行って、これはあると便利!必須!!というものと、注意事項なども含めてご紹介します。

 

カバン / バック

規定が厳しいです。
約30×15×30cm(12″ x 6″ x 12″)以上は持ち込みが出来ないため注意が必要です。

リュックサックもNGで、問答無用でロッカーコーナーに誘導されます。
けれど、ナップサックはOK!

会場のギフトショップで売っているオフィシャルのもの($10)を使っている人が多く見られます。

 

帽子・サングラス

あちこちのコートを移動したり、3・4時間のプレーを見続けたり。。。
屋根のあるメインスタジアムのアーサーアッシュでも座席のある方角によって日差しが強いです!!

帽子は必ず持って行くか、会場で購入しましょう。
ギフトショップでオフィシャルの刺繍入りのものが数多く揃えてあります。($30〜)

 

半袖+薄手の長袖の上着+@

持ち物ではありませんが、US OPEN 期間中は夏と秋の堺ですので、日差しは暑く 風は冷たいのです。

同じスタジアムでも日向か日陰で両極端に違ってきます。
日向にいる人は帽子・サングラスで、配布されていたうちわをパタパタ扇いでいるのに対して、
日陰にいる人は、持っている衣類やタオルをグルグル巻いて、ガクガク震えながら隣の人にくっついて暖を取っている有様でした。

暑さ対策に半袖のTシャツ、直射日光対策に薄手の長袖、寒さ対策に折りたたみ出来るダウンやウィンドブレーカーなどがGood!

私はユニクロのUVパーカーとウルトラライトダウンのベストを愛用しています。

 

タオル

上記の服装にもう一つ、直射日光避けと防寒に少し大きめのタオルなどを用意していると安心です。

私は折角なので会場でオフィシャルのやつを買っています。
白地にUS OPEN ($20) トート付きバスタオル($50)など。

 

ペットボトル

規約を見る限りペットボトルのお水の持ち込みは規制されていません。
持って行ったことがないので破棄になったらごめんなさい。
直前で飲みきった空のペットボトルは持って入れました(汗

場内ではミネラルウォーターが1本$4程度で販売されています。

 

サインペン

会場のショプでもロゴ入りのサインペン($3)が売ってありますが、何かしら1本持っているとGoodです。
試合後の選手にお願い出来たり、バッタリ有名人も遭遇したりします。
ご迷惑にならない程度にそっとお願いしてみましょう。

 

雨具

運良く雨天に遭遇したことはありませんが、天気予報で雨マーク確定だったら雨具が必要です。
メインコートのアーサーアッシュは屋根付きなのですが、その他のコートは野外のハードコートは残念ながら中止になってしまします。
かといってスタジアムの外は移動しなくてはならないので、雨具が必要になります。

もし小雨で試合が続く場合を考えてポンチョやカッパなどがGood!!
長い傘は持ち込み不可ですが、多分折りたたみ傘はOKだと思う。。。(汗

万が一、観戦予定日が雨になって何の試合も見れないのは悲しいので、アーサーアッシュの座席チケットを取っておくのをオススメします。

 

「US OPEN」スマホアプリ

これは便利です!
試合スケジュールや対戦の最新情報、eチケット連動やらなんやかんや。
会場内の企業イベントにも使用しますので、必ず入れておいて損はないです。料金Freeです。
iPoneの場合「US OPEN」と検索して、日本のAppleアカウントからでもダウンロード可能です。

 

携帯充電器

「US OPEN」スマホアプリで色々情報をチェックしているとガンガン電池を消費しちゃいます。
2017年は企業から無料で充電池の貸し出しサービスがありましたが、毎年サービスがあるかわからないので持っておいた方が無難です。

 

アメックスカード

アメックスカードを持っている人は提示すると、会場内で使えるラジオがもらえます。

あと、アメックスラウンジ(休憩コーナー)も利用可能。
ゴールドよりもっと上のハイクラスカードだとラウンジで何かグッツも貰えるらしい。
企業イベントなので変更の可能性あり。

 


私のバックの中身はこんな感じ。
ショルダーバックに色々詰め込んでいます!!

限られた荷物ですが、皆様が最大限に楽しめるよう お役に立てますように。

 

持ち込み禁止物や、カバン規定などについて
-「テニス「全米オープン」US OPEN持込み手荷物

US OPENのオフィシャルカクテルを再現してみました
-「【レシピ】US OPENカクテル「GREY GOOSE HONEY DEUCE

オフィシャルグッズで楽しもう!おすすめ紹介
-「テニス「全米オープン」US OPEN グッズショップ

会場での食べ物・飲み物
-「テニス「全米オープン」US OPEN フードショップ

 

2017年時点での情報を記載しています。
会場の都合などで変更がある場合があります。
詳しくは「US OPEN オフィシャルサイト」にてご確認ください。

 

テニス「全米オープン」US OPEN持込み手荷物

全米オープンへ観戦に行くにあたって、手荷物をどの程度持って行っても良いか悩みますよね。

快適に過ごすために色々と持っていきたいけれど、なにせ観光地は色々な事情から手荷物制限をされます。

 

持ち込み不可のアイテム持ち込み可能なカバンの大きさロッカーと大きな荷物の預ける料金などをご紹介します。

 

持ち込みNGアイテム

・Backpacks
・Hard coolers or like containers
・Sealed packages of any kind
・Bottles of cans(glass or metal)
・Aerosol cans or noisemaking devices
・Alcohol
・Video cameras or recording devices
・Computers or laptops
・Food (except in limited quantities, or for medical, dietary or infant purposes)
・Weapons
・Animals (unless a service animal)
・Flags, banners or signs
・Laser pointing devices
・Tennis racquet
・Drones or other model aircraft(UAS-Unmanned Aircraft Systems)
・Selfie-sticks or other telescopic devices

気をつけなくてはならないのは、バックパック(リュック)は不可です。
会場のオフィシャルグッツ売り場でも売ってありますが、ナップサックでの入場はOKとされているようです。

飲食物など、旗や音がなるものの応援グッツ、三脚や自撮り棒、ビデオカメラなどもNGです。
ノートPCも持ち込み不可です。
一眼レフはOK!!

ペットボトルのお水は多分大丈夫だと思いますが、どこかのサイトでダメと見たこともあるので定かではないです。
手荷物チェックの直前で飲み干した空のペットボトルは持ち込み可能でした。

 

持ち込み可能なカバンの大きさと個数

基本バックは1人1つまでで、バックパック(リュックサック)はNGです。
けれど、ナップサックはOKでした!!
大きなカバンも約30×15×30cm(12″ x 6″ x 12″)以上は預け入れとなります。

” The NFL limits the size and type of bag that can be brought into stadiums, and will refuse patrons who do not comply with the league’s standards. You can carry the following style and size bag, package, or container:

– Bags that are clear plastic, vinyl or PVC and do not exceed 12″ x 6″ x 12″
– 1-gallon clear plastic freezer bag (Ziploc bag or similar)
– Small clutch bags, approximately the size of a hand, with or without a handle or strap can be taken into the stadium with one of the clear plastic bags

Please visit the NFL’s bag policy website for the most up-to-date information. ”

出典元:US OPEN オフィシャルサイトより

 

 

荷物の預け入れ Baggage check

ロッカーは$5で、ロッカーにも入らない大きさのものは$10で預かってもらえます

 

手荷物チェック

バックを「持っている人」用と、「持っていない人」用でゲートが違います。
もちろん、「持っている人」が大半で、長蛇の列!!

荷物チェックはかなり厳しめにチェックされます。

正直、係りの人によってチェックに差がありますが、中身を全部見せるのは覚悟しておいてください。

荷物は中身を開いてテーブルに置き、ポーチの中身もちゃんと見せるように指示されます。

タブレットミントまで破棄するように言われていた人もいます。

結構容赦ないです。

 

預け損なって泣くなく破棄や並び直しにならないよう、事前に気をつけて持っていきましょう!


私のバックの中身はこんな感じ。
チラッっとではなく、ゴソゴソやってチェックされます。

先にポーチのチャックなども開けておかないと「これ出して、開けて」と指示されます。

 

2017年時点での情報を記載しています。
会場の都合などで変更がある場合があります。
詳しくは「US OPEN オフィシャルサイト」にてご確認ください。

 

US OPEN 会場へ何持っていったらいい?
-「全米オープンUS OPENで持って行くオススメアイテム

オフィシャルグッズで楽しもう!おすすめ紹介
-「テニス「全米オープン」US OPEN グッズショップ

会場での食べ物・飲み物
-「テニス「全米オープン」US OPEN フードショップ

US OPENのオフィシャルカクテルを再現してみました
-「【レシピ】US OPENカクテル「GREY GOOSE HONEY DEUCE