ビンテージ食器用の棚を組み立てる

 

お気に入りの食器さんたちが棚に入り切らずに山積みになりつつあったので、新しい棚を用意することに。

今までつい可愛らしいガラスの板の飾り棚を選びがちだったんですが、案の定 食器を積み重ねると可愛くないし、食器の重さでガラス板が割れないか心配。
あまり奥行きも無いので、量を収納するには不向きでした。

なので、今回は本棚タイプにします!!
駐在の任期暮らしなので、外側にあまりお金を掛けたく無い!ってことで、ウォールマートで許容出来そうなものをチョイス。

 

サイトで見たらFree 2-Day shippingだったんですが、思い立ったが吉日。
さっさと買いに行って組み立てちゃいましょう!!

これがまた重いのなんのって。。。既に心折れそう。。。

 

組み立てている途中、有るべきはずの側面の穴が無いことに気づく。。。

・組み立てヘルプの為のメーカーの電話番号は記載して有るけれど、電話で状況と意思を伝えるのは不可。
・組み立て途中のこんなに重たい物を持って店舗まで返品交換に行くのはイヤだ。
・不良だった棚のパーツだけ交換して貰いに店舗まで持って行っても、返品コーナーのおばちゃんに説明が通じそうも無い。

結局、自分で穴を開ける道を選びました。。。
ブラック&デッカーのドリルドライバーは持っていたので、ドリルの先っちょ部分だけを買いに行きました。

ドリルが必要な場面は少ないだろうけれど、もう買い足す必要もないように、多すぎず少な過ぎずの13本入りに決定!
同じ板のパーツには有るべきはずのネジの誘導穴なども空いていなかったので、結果13本セットにしておいてよかった♪

 

で、ほぼ組み上がってきたところで、気付く。。。
これ、設計からして欠陥スレスレじゃないデスカ??

横板と縦板はそれぞれ2本の木製ビスのみで繋がっているだけ。。。
背面の板は釘で打ち付けるものの、背面の板自体が薄い上に釘も小さい。

重量の規定は記載されていたから耐久測定済みと信じても、棚の側面に何らかのものが当たり1cmズレたらアウト。
棚は崩れ落ちて、収納している食器たちは見るも無惨な有様になる事間違いなし。

追加の固定パーツ買って来ました。。。。

ようやく完成。。
結局購入してから何日が経ったでしょう?
こんなに苦労するとは、、安物買いは考えものですな。

穴が空いていなくて英語が苦手な事は一番の理由だったんですが、L字の固定パーツつけるにも誘導穴が必要だったので、結果ドリルは無駄にならなくて良かった。

良かった、、、ということにしておきましょう!!

チャラーン!
だいぶ使いやすくなったけど、思ったよりあまり入らなかった。。。

まぁ良しとしましょう!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください