【書評】ニューヨーク ちょっぴり泣いた。たくさん笑った!

題名:ニューヨーク ちょっぴり泣いた。たくさん笑った!―海外でたくましく生きる!楽しく暮らす!

著者:ニューヨーク生活向上委員会

出版社: すばる舎 (2003/10)

内容(「BOOK」データベースより)

こちら、ニューヨーク生活向上委員会!飾らない素のNY、ディープでコアなNY、人間味あふれるNY…。そこに暮らす者だからこそ見えてくる「生のNY」の魅力が詰まっています。

 

 

この本は3人の著者によって構成されており、それぞれの体験談や感想、N.Y.を生き抜くコツなんかが書いてあります。

 

読み物としては、うーん。
文章が整っているわけではないので疲れちゃいます。

ですので、アメリカでも他の地域などにお住まいで、ニューヨークに接点が強くない方はそんなに要らないかも。。。

ニューヨークは特殊ですね。
特殊すぎて、情報的に関係ない部分が多すぎるのが残念というか、仕方ないというか。

ニューヨークに住みたい!!と憧れている方、留学やお仕事の関係でお引越しの予定のある方なんかは、ぜひとも雰囲気掴みにぴったりな本だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください