シュウマイ作り inアメリカ

お弁当に最適な焼売。

アメリカに来て、なかなか思い通りのジューシーな焼売に出会えず。。。
−過去に使った焼売「アメリカでお弁当作り 第1弾

 

ってなわけで作ってみました。

皮も手作りしようと思っていたけれど、とりあえず焼売自体も作ったことなかったので、アジアマーケットに行ってみたら冷凍されたものがあったため、今回は購入。

いや、美味しければ無理に手を掛ける必要もないのだけれど、、、。

今回行ったのはオースティンにある「Hong Kong Supermarket」

お店のチョイスはただ近くを通りかかったのでこの店に。
−他のアジアンマーケットや住所など「Texas Austin お気に入りショップ情報

 

ぱっと見、「焼売用」の皮は見当たらず、四角いので「ワンタン用」の皮を使用してみる事に。
冷凍されているので1枚1枚の剥がしやすさと、初めて、、あ、日本のお料理教室で過去2個だけ包んだか、、、。
まぁ私はその程度の焼売包みレベルなので「中厚」をチョイス。
極度の心配性なのでその辺りは勘弁いただきたい。

ちなみに、皮は英語でそのままskinでいいらしい。。。
なんか、一気にグロく感じてしまうのは私だけだろうか???

どうやら60枚で$2.5程度。。。薄厚だったらもっと枚数入ってそうだった。

これは今後も作ることはないな。

 

あと、HEBで豚ひき肉(90%赤身)も1lbちょい(500gくらい)買って帰宅。

帰ってから我が家にはごま油がない事に気付いたけど、渡米して1年使わなかったので省略させていただき、もう要らないと判断。

あと、もちろん蒸し器なんて代物は我が家には無いので、フライパンで蒸し焼きです。

 

とりあえず、作業は手早く作ったほうが良さそうだったので、ひき肉は半分の250gで作ってみる事に。

 

 

だだだだだだだだーん。

結果。

ちょっと硬い。
なんでだ?
多分、蒸し焼きにした後に粗熱を取るのに放置してたからかな?

あと味が若干薄いかも?
味覚がもう濃い味を好むようになったのかしら??
でも、お弁当用なのでもうちょい濃い味にします。。

ジューシーさが欲しいので、少しFatの割合増やしてみようかな?

あと、贅沢な悩みだけれでど、デカイ。

なんというか、、、テキサスサイズ。

お弁当のスペース占領しすぎなので、次回から少し皮を切って餡の量を減らしてみます。

 

−レシピ記事「【レシピ】シュウマイ

今回作ってみたレシピに、要改善箇所は赤字で記載してみました。

 

また近々挑戦してみます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください