【感想】映画「MOANA」モアナと伝説の海 ディズニー

好きなディズニー映画「リトルマーメイド」「美女と野獣」「塔の上のラプンツェル」「アナと雪の女王」で迷われる方が多いのではないでしょうか?

どれも素晴らしく、魅力的なヒロインたちです。

ですが、今後は「モアナと伝説の海」仲間入りしてしまいますので覚悟しておいてください。

日本では2017年3月10日公開予定ですが、

一足早くアメリカにて、

ディズニー映画「MOANA」(日本タイトル:モアナと伝説の海)を観てきました!!

ハワイが大好きな方は心待ちにされているのではないでしょうか?

早速、映画の情報・見どころ・感想などをお伝えします!!

 

物語は神々の伝説と神秘に満ちた南国の島々です。

主人公のモアナはポリネシアン系の16歳の女の子。

声の担当はハワイ出身の14歳アウリィ・クラヴァーリョさんで、ディズニープリンセスでは最年少の声優です。

モアナは幼いころ、ある体験で”海に愛される”特別なチカラをもった少女に成長していきます。

 

音楽も映像もストーリーも本当に素晴らしかったです。

スタッフ陣をみても申し分ないですね。全く申し分ないです。

ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー監督のゴールデンコンビ(「リトル・マーメイド」「アラジン」)

楽曲提供は音楽家マーク・マンシーナ(「ライオン・キング」「ターザン」など)

リン=マヌエル・ミランダ(「ハミルトン」第70回トニー賞受賞)

ほら、作品の素晴らしいさがお分かりいただけたでしょうか?

私の一番お気に入りは何といってもヘイヘイ(ニワトリ)
キュートすぎてディズニーのサブキャラでは断トツNo,1におどりでました!!

子ブタのプアちゃん?
意外と出番が少なくて、ヘイヘイが活躍しすぎなのか、プアちゃんのぬいぐるみ買っていたのにちょっとだけ拍子抜けしてしまいました。
いや、可愛いから良いんですけど。

モアナのDVDやグッツなど
−記事「アメリカでの「MOANA / モアナと伝説の海」グッツとDVD発売

 

2Dと3D観るならどっち?

私は3Dをおすすめします!!

もちろん苦手な方は2Dでも十分美しい映像が楽しめますが、3D独特の違和感はほとんど感じることなく、奥行きができ迫力ある体験が出来ます。

正直、「3D眼鏡をつけてね」の合図の直後は一瞬後悔をしたものの、本編が始まるとクオリティーが格段に違うことに気づきます。

ディズニーキャッスルとティンクで3Dの素晴らしさに魅了されます。

迷われたなら、嫌いじゃない限り3Dを体験してみてください!!

 

【予告】実写版「美女と野獣」

「ハリーポッター」シリーズ ハーマイオニーでおなじみのエマ・ワトソンちゃんがベルを演じます。

予告で数分観ましたが、感動のあまり涙が頬を・・・・はやっ!!

アメリカ公開は2017年3月17日だそうです。

ディズニーはここ数年、素晴らしい映像美の実写版を発表していますが、

「美女と野獣」には別格扱い相当力を入れているのが目に見えてわかりました。

期待とかそんな甘ちょろい。素晴らしい出来を確信しています

 

−記事「アメリカの映画館予約してみた「MOANA」モアナと伝説の海
−記事「【アメリカの映画館感想】映画「MOANA」観てきました!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください