クロスステッチの針を変えてみました。

今まで 生地アイーダ14ct. 刺繍糸2本取りで 針はDMCの#24シルバー針を使っていたんですが、
現在 生地アイーダ18ct.で作り始めて、使えない事はないけれど、なんかギシギシしたような感触があったので、思い切って針のサイズを細くしてみることに。

ちなみに、生地も針も 数字が大きいほど細かく細くなります。
生地 14ct. >8ct.  針 #24 >#26

今までウォールマートにあるDMC針の6本入で$1のを使っていたから、ホビーショップで針は見ていなかったんだけれど、、、

ホビーショップに買いに行ったら、何やらDMCの針にもゴールドがあった。。。

22Kメッキの針だそうな。

ちょっとカッチョいい。

 

針を細いのに替えるにあたって一つ懸念があった糸通し。

私はひし形のワイヤー状のものが付いているタイプではなくて、ニードル用のメタルプレートのフック状の糸通しを使っています。
細い針に替えると糸を通す部分のホールも小さく細くなってしまい、フック状の糸通しが使えなくなるのではないかと心配していましたが、高級素材だからなのか 繊細に作られており、糸を通すホールは#24シルバー針よりも余裕があり、かなり使いやすくなりました!

やや個体差はありますが まぁヨシ。

ちなみにこのニードル用のメタルプレートは糸通しするたび1アクション省略出来るのでとても楽チン。

ウォルマで$1くらい。
1作品作るなら持っておいて損は無いと思う。

糸通しについてもう少し詳しい記事
-「アメリカの刺繍専門店とニードルポイント

 

今回針の太さは#26が欲しかったんだけど、在庫がなくて#24と#26が2本ずつ入っているものを購入。
お値段 $3.5くらい

こういう細かい道具にこだわるのは大好きです。

ゴールドに変えてなんとなく滑りもよく感じるのは気のせいだろうか??
満足なアイテムでした。

 

生地 アイーダ14ct.→ 針 DMCゴールド#24

生地 アイーダ18ct.→ 針 DMCゴールド#26

この組み合わせが好き。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください