【書評】夜は短し歩けよ乙女

題名:夜は短し歩けよ乙女

著者:森見 登美彦

出版社: 角川グループパブリッシング (2008/12/25)

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。

「BOOK」データベースより

 

 

結構前から本屋さんで見掛けて、かわいい表紙のイラストから、いつかは。と思っていた作品です。

平積みでやたら目にとまった記憶もそのはず、山本周五郎賞受賞や本屋大賞2位にも選ばれた作品だそうです。

以前パラパラと中身を見たときは、なんとも中学生から大学生までのウケが絶大に良さそうな言い回しで、かわいい表紙からもラノベなの??っとちょっと気になりつつも、大人になろう。と、あえて遠慮していた作品です。

 

と言っても未だに私はラノベの定義がわかってませんが(汗

ライトノベルの略まではわかっても、ライトとは到底思えないライトノベル枠の濃厚ノベルや、非常に薄っぺらい内容の一般小説枠のものが混在しすぎて、結局出版社のカテゴリ分けに頼る始末です。

 

 

結構ハチャメチャぶっ飛んだお話ですが、黒髪の少女の純情天然っぷりに目が離せなくなります。

特有の言い回しが効いており、「ん?なんじゃこりゃ??な」現実からかけ離れた場面も、現実と物語と物語内の空想の溝を「ツナギ」の役割として上手く果たしていると思いました。

 

お話しは4章で構成されていますが、どれも読み応えのある引き込まれる物語で、ところどころ出てくる絶妙なタイミングの「お友達パンチ」「なむなむ」が可愛くてなりません。

特に気に入ったのは学園祭のお話ですが、パンツ総番長さんの決意方向に疑問しか浮かばず、こたつには入らないといった心構え的なものは心を撫で下ろした部分です。

 

現在海外在住なので、つい先ほど検索してみた際に知りましたが、映画にもなっているそうですね。

どうやらアニメーションで、主人公と言っていいのでしょうか?
先輩役は『逃げるは恥だが役に立つ』の「恋のダンス」でおなじみの星野 源さんだそうです。
http://kurokaminootome.com

 

ぜひとも小説で読んでいただきたい作品ですが、星野さんが声優ならばちょっと見てみたいかも。

日本に帰国した際にまたいづれ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください