弓道具をアメリカで入手したい!

先日ブログに書きましたが、弓道サークルAustinで見つけたので、体験に行ってみました!
−記事「オースティン弓道に見学行ってきました。

 

 

本格的に始めるとなると、現段階では弓を自前で用意しないといけないようなので
弓の入手についていろいろ調べてみました。

前提:弓自体は日本の実家に持っています。
   大体5万円くらいで購入した、全長2mくらい。分解して小型化は当然不可能です。
弓および弓道具を入手する方法は、大きく分けて下記の3つ。
1:米国内で購入
2:飛行機の手荷物預け入れで持ってくる
3:輸送

1.米国内で購入

道場の人に勧められたのは米国内での購入。
あさひという弓具店がアメリカでも出店している様子。
私の持っている並寸の弓を見たところ、、、約950ドル。たかい。。。
日本のサイトでは私が買ったのと同じくらいの値段なのに、輸送費か?輸送費なのか?それとも人件費??
参考までにお店のURLは<http://www.asahi-archery.co.jp/kyudo_e/>です

2.飛行機の手荷物預け入れで持ってくる

以前、弓道関連のブログで見たときに飛行機への預け入れが無料でできると見たので、ちゃんと調べてみました。行けそうだったら、主人に出張ついでに持って帰ってきてもらおう。
通常、預け入れが超過料金なしでできる範囲は、3辺合計158cmまで。私の弓は1辺で200cmオーバー。
念のため、ユナイテッド航空に電話で問い合わせてみましたが、やはり超過料金が必要とのことでした。
国際線の場合、支払い通貨によって違ってきますが、超過料金はだいたい2万円くらい。
日本国内線でも5000円くらいかかるみたいです。(こちらは電話では未確認。ANAのWEBサイト情報)
ほかの人のブログを見てみると、どうも2010年以前くらいは航空会社の対応が緩くて、預け入れできていた様子ですが、最近は厳しいようです。

3.輸送

ならば、持っているものを送ってもらおう!ということで、大手の配送会社を調べてみました。
WEBで調べた範囲では、日本通運、佐川急便、OCSが可能なようです。残念ながらわれらがクロネコヤマトとゆうパックではサイズオーバーで無理とのことでした。。。
(佐川とクロネコには電話で確認しました。他はWEB情報)
○日通 <http://www.nittsu.co.jp/sky/ express/>
○佐川 <http://www.sagawa-exp.co.jp/ service/h-kokusai/>
○OCS  <https://www.ocs.co.jp/ shipping/express/flow.html>
※ANAグループが行っている国際配送サービス
×クロネコ <http://www.kuronekoyamato.co. jp/ytc/customer/send/services/ oversea/>
→サイズオーバーのため(160サイズまで)
×ゆうぱっく <http://www.post.japanpost.jp/ int/service/i_parcel.html>
  →サイズオーバーのため(160サイズまで)
佐川に電話で問い合わせたところ、大体14,000円くらいで郵送できるようす。楽だし、飛行機よりもお金がかからない!
本格的にAustinで弓道をやるか考え中ですが、弓が必要になったら郵送でチャレンジしたいと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください