Fastpass+の使い方(1) – 一般編 –

ウォルトディズニーワールド(WDW)を最大限楽しむためのアイテムとして、東京ディズニーランドでもおなじみのFastpassがあります。今回は、このFastpassの簡単な使い方について紹介します。
ちなみに、WDWでは末尾に”+”がついて、Fastpass+と呼ばれています。

 

■Fastpass+とは

要するにアトラクションへの優先入場チケットです。一般のアトラクション入場ゲートとは別にゲートが用意されており、ほとんど並ばずに楽しむことができます。アトラクションへの入場後も優先的に案内されます。

WDWの場合、一部のアトラクションでは案内される場所が一般と異なるので、もしかすると内容が違ったりするのかもしれません。未確認ですが。。。

 

■Fastpass+の取り方

大きく分けて、下記の二つの取り方があります。

①WEB or アプリで取得
②パーク内のキオスクで取得(駅にある切符売り機みたいな機械です)

キオスクで取得しても特に利点はないと思いますので、アプリでの取得をお勧めします。WDW内は多くの場所でWifiが使えるので、日本のスマホしか持っていないという方でもご心配なく。もちろん、Wifiルータなどをレンタルしておくほうが安心だとは思います。

当然のことながら、チケットを持っていない状態ではファストパスの申請はできません。
この記事は旅行から帰宅後に書いているので、細かいところは確認できていませんので悪しからず。

 

①WEB or アプリで取得

  1. アプリを起動してメニューからFastPass+を選択 or WEBサイトにアクセス(https://disneyworld.disney.go.com/fastpass-plus/
  2. アカウントにログイン
  3. チケットを取得する人を選択。自分はデフォルトで選択されており、自分のアカウントにリンクしている家族や友人の分も一緒に取得可能
  4. FastPass+を取得したい日付とパークを選択
  5. FastPass+を取得したい時間帯を選択
  6. その時間帯で利用可能なアトラクションが表示されるので、選択

 

②パーク内のキオスクで取得

実際使っていないので、簡単な説明です。

  1. マジックバンドやカードを利用して認証
  2. 以降は、WEBおよびアプリの3.以降と同じだと思います

 

■Fastpassの制限

ファストパスを取得するにあたって、いくつかの制限があります。
アプリなどでも説明がありますが、実体験含め簡単に紹介しておきます。

◎ファストパス保有個数

一度に保持できるFastpassの数は1日3個までです。1日で複数のパークを渡り歩く場合でも全パークで合計3個までしか取得できません。

また、同じ日の4個目を取得するためには、確保していた3個のFastpassを消費する必要があります。加えて、4個目以降は1個ずつしか取得・保持できないので、4個目以降を見据えて1日の計画を立てるのは難しいです。

とはいえ、1日3個をキープできるので、複数日の滞在の場合は全日程1日3個ずつキープしておけば十分楽しめると思います。

 

◎アトラクションごとの制限

注意が必要なのは、アトラクションごとにFastPass+に制限がかかっていることがあることです。例えば、Epcotの「Soarin’」 、「Test Track」、「Frozen Ever After」の3個についてはこのうち1個のアトラクションしかFastPass+を取得できません。一つFastPass+を取得すると他の2個のアトラクションは選択できなくなります。

例えば、「Soarin’」 のファストパスを取得した場合、残りの2個のファストパス枠は「Test Track」、「Frozen Ever After」以外のアトラクションで取得する必要があります。

もちろん、事前に取得した3個を消費して、4個目を取得するときに空きがあれば取得可能です。

 

◎取得可能日

ディズニーホテルを予約している場合は、その予約日から60日前からファストパスを確保できます。12月1日にホテルを予約しているなら、10月2日からですね。

ホテルを予約していない場合は、ファストパス取得の手続きを行っているその日から30日後の分まで取得可能です。

 

◎取得可能な時間

ファストパスは、時間が重なる場合取得できません。
例えば、下記のような取り方はできません。

ファストパス(1) 【有効時間= 9:00 – 10:00】
ファストパス(2) 【有効時間= 9:55 – 10:55】

これは、9:55 – 10:00で二つのファストパスで重複する時間が発生しているからです。ファストパス(2)の有効時間が10:00スタートであれば問題なく取得できます。

次の記事で紹介しますが、トラブルなどの際にキャストさんから貰えるファストパスは、この制限に嵌らないようです。

 

■最後に

正直、ファストパスは入れ替わりが激しいです。少し前には取れなかった人気アトラクションが、ふと見た時に空いていたこともしばしばありました。当日になっても同じようなことがあります。こまめにチェックしておくと幸せになれますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください