駐在中に祖父とのお別れ

夫の転勤がきまり、アメリカに駐在すると決めた時から、親族のお葬式など急な事への対応などある程度考えてはいたのですが、、、。

もし親戚に何かあった場合、不謹慎と思われるかもしれないけれど事前に考えておかなくちゃいけない事ですよね。
例えば おじさんおばさんであまり接点が少ない人など、ここまでのラインの方はお葬式への出席はごめんなさい。とか、この人だと絶対すぐに帰国する!!などなど。

その、絶対すぐに帰国する !!って思っていた祖父の訃報が入ってきました。

怪我でしばらく入院していることは知らされていたのだけれども、あまりにも急な展開に周囲も驚きを隠せず。

で、当然帰国するものと思っていたのだけれど、ちょっとまて。
問題がいくつかある。

1. 費用
2. 所要時間
3. 妊娠中

 

1.費用

これは、なんとかなるでしょう。
私の祖父は夫からしても二親等になるし、会社がフライト費用を負担してくれなくてもアメリカの航空会社は専用のディスカウントされる料金設定を用意している。と聞いたこともある。
 ※後から調べたら、夫の会社では二等親でも祖父母は対象になっていないらしい。
  え?帰国の為のフライト代はともかくとして、休みも有休を使えというこのなのかしら?
  申請を拒否する上司はいないと思うけど、、、
  日本勤務で地元出身の人とか祖父母のお葬式くらい無条件に出たいよね?

 

2.所要時間

ヨーロッパやNYでも13時間くらいあれば飛べると思われているのですが、あくまでフライト時間ですからね。

テキサス州オースティンの空港からだと日本に飛ぶには必ずアメリカの国内便で乗り継がないといけない。
日本への直行便があるヒューストンまで移動するとしても車で3時間くらいはみておきたい。
それから成田か羽田に着いても、地元である九州へ日本の国内便で乗り継ぎ。
そこから斎場まで車で更に1時間以上。
フライトが確定して出発となっても、ドアtoドア で28時間以上は必須。

しかも、便数もかなり限られているので、時間帯によっては一番早いフライトを取れてもお葬式まで間に合わない可能性が。。
で、計算したら間に合いませんでした。。。

 

3.妊娠中

私本人は帰国してお葬式に出席する気満々だったんですけど、、、
全力で止められてしまいました。。

私が一番気にしていたのは、まずフライト可能か。
妊婦は34週以降は医師の診断書が必要なのですが、逆に言えば33週までは大丈夫。
私は32週目だったので、一応オッケー。。。。として、アメリカへ戻るのも1週間くらいで戻ってくればギリOK?
超屁理屈ですね。
お腹もだいぶ大きいので、アメリカに戻ってくる際に入国拒否されるかが心配だったのですが、、、
いや、それ以前によ?って話ですよね。

最近、俗にいう後期ツワリ真っただ中で、動悸息切れ吐き気などなど。
午前中の1日30分のお散歩をしたら、午後は間横になって過ごす始末。
多分アメリカ国内移動でギブって寝込んでしまうこと必然。
どうにか斎場まで運び連れてってもらったとしても、親族席で座っておける自信が全くありません。

 

そんなこんなで、泣く泣くお葬式への出席を諦めたのですが、落ち着かない。。。

仕方がないので、あまり必要な物がないのにグロサリーストアに行ってお買い物してみたり、セルフ洗車場で無心に車を洗ってみたり。
マックのポテトを買って1人むしゃむしゃ食べてみたり。
帰宅した夫に、体力限られているのになぜマシン洗車機を使わなかったのかと叱られたけれど、何か落ち着かないんですもの。

日本に帰国出来ないので、最低限の事だけはしなくちゃ。と、アメリカから出来る対応をまとめました。
次回のブログにて。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください