OldPyrexパーコレーター大きさ比較

沸騰による水分循環でコーヒーを淹れるパーコレーター。

現在は廃盤していて、ビンテージ品としてコーヒー好きさんにも人気のオールドパイレックスのパーコレーターさんです。

先日アンティークショーでついに4cup用をゲットして来ました!!

このオールドパイレックスのパーコレーターは4・6・9カップ用と3種類あります。

今まで9cup用の外側のみ、次に6cup用一式を買っていたのですが、2人暮らしでは大き過ぎて不要でした。。。

ちなみに、用途のサイズは下記の通り
1cup = 8fl oz =240cc

9cup[型番 7759-B]
    6-9cup / 48-72fl oz / 1440-2160cc1.44-2.16L

6cup[型番 7756-B]
4-6cup / 32-48fl oz / 960-1440cc0.96-1.44L

4cup[型番 7754-B]
2-4cup / 16-32fl oz / 480-960cc0.48-0.96L

2人で1Lとか飲めるかーっ!!!

小さいパーコさんが中身も揃って見つかった♪っと思ってるんるんで買って帰ってみたら、中のガラスパーツが1つ足りない。。。

あぁ、見つけた事に嬉しくて ちゃんとチェックし損なってしまっていた。。。

e-bayでパーツだけとか売ってあるけど、かえって揃っているヤツより高かったりするんだよなぁ。。。

でも4cup用使いたいな。

、、もしかして?と、パーツのサイズを比較してみました。

4cup用と6cup用のコーヒー豆を入れる下記の部分のパーツ3つは同じ大きさでした!!
(9cup用は持っていないため未確認)
・アルミパーツ上部
・アルミパーツ下部
・ガラスパーツ筒型

イェイ!目当てのパーツはぴったり一緒でした!!

これで通常使いができるん♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください