【レシピ】US OPENカクテル「GREY GOOSE HONEY DEUCE」

テニスの全米オープンオフィシャルドリンク
美味しくて、行く度に必ず注文するカクテルです。

オリジナルレシピを公開してありましたので、さらに詳しく分析してみました!

 

US OPEN「GREY GOOSE HONEY DEUCE」

・1.1/2 parts Gray goose vodka
・1/2 part Premium Raspberry Liqueur
・3 parts Lemonade

 

【材料の詳細】

Gray goose vodka グレイグース
フランス産高級ウォッカ。
アルコール度数: 40%
日本輸入 SAPPORO

Chambord シャンボール リキュール
フランス産ベリー系プレミアムリキュール
アルコール度数: 16%
日本輸入 ASAHI

Lemonade  レモネード
コカコーラ社
タンクホーズのノズルから直接注がれていたためメーカーのみ判別
おそらく下記のものではないかと推測
-SIMPLY LEMONADE
-Minute Maid Lemonade
コカコーラ社のミニッツメイド レモネードと判明

Melon balls メロンボール
フルーツボーラーでメロンを約1.8cmの大きさにくり抜いたものをピックに3つ刺す
会場では冷凍されていたものを自然解凍で使用

 

さて、レシピによる単位「part」ですが、約44.4ccです
1 part = 1 Jigger = 1.5 fl oz = 44.4cc

・66cc Gray goose vodka
・22cc Premium Raspberry Liqueur
・133cc Lemonade

上記計算は液体量です。
体積量と重さはcc≠gですので注意が必要です。
(例:ウォッカ10cc=約9g)

 

会場で使用されているグラスの内容量はおおよそ350cc
350 −(66+22+133)= 氷128g

 

【材料】

・氷 128g
・グレイグース ウォッカ 66cc
・シャンボール リキュール 22cc 
・ミニッツメイド レモネード(コカコーラ社) 133cc 
・メロンボール 3個

【作り方】

氷を入れたグラスに、ウォッカ・レモネード・リキュールの順に注ぎ入れメロンボールを刺したピックを乗せる

 

氷は細かく砕いたクラッシュタイプがオススメ。

これで全米オープンの会場で飲むカクテルと同じものが自宅で簡単につくれちゃいます!!
本当に美味しいので是非お試しください。

 

 

持ち込み禁止物や、カバン規定などについて
-「テニス「全米オープン」US OPEN持込み手荷物

US OPEN 会場へ何持っていったらいい?
-「全米オープンUS OPENで持って行くオススメアイテム

オフィシャルグッズで楽しもう!おすすめ紹介
-「テニス「全米オープン」US OPEN グッズショップ

会場での食べ物・飲み物
-「テニス「全米オープン」US OPEN フードショップ

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【レシピ】US OPENカクテル「GREY GOOSE HONEY DEUCE」” への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 全米オープンUS OPENで持って行った方が良いオススメアイテム | Miya Log

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください