アメリカで他人宛の郵便物が届いた時の対処策

知らない人物宛の郵便物が時々届きますよね。
他人宛の郵便物を勝手に開けたりすると犯罪になってしまうので、法に触れないようにささっとどうにかしたい。

部屋番間違いや住所間違いもあるのですが、一番多いのは前の住人宛らしき郵便物。
最初はリーシングオフィスのお姉さんのところまでその都度持って行ってたんですが、対処策を調べてみました。

1. 住所にバツ印を入れる

2. 郵便物の空いているところに下記のどちらかを記入する
・RTS (Return to Sender)
・Recepient not at this address

3. ポストに入れる(アパートの場合outgoingポストに入れる)

これでオフィスに持っていかなくても即処理出来る♪

 

===手紙を出すときの切手===

アメリカ→日本 / アメリカ→アメリカ国内
−「アメリカの切手 Forever Stamp

日本→アメリカ
−「日本からアメリカに手紙を送るには【切手・送料】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください