トロントでもスリフト「Aemy」

ここはアメリカでもお馴染みですね。
「The Salvation Army Thrift Store」ザ・サルヴェイション・アーミー・スリフト・ストア

トロントのダウンタウンから東。
「Double Take」よりParliament St.(パーラメントストリート)を7分くらい南に下ったところにあります。
関連記事 − 「トロントでもスリフト「Double Take」

ダウンタウンからここら辺までの風景
関連記事 -「トロントお散歩。
関連記事 -「トロントお散歩 第2弾。
関連記事 -「トロントお散歩 第3弾。

 

あ、ここもグーグルさんではリサイクルショップと記してあった。。。
スリフトショップも一括してリサイクルショップ、と。_φ( ̄ー ̄ )

 

店内入ってみると、超ゴツい警官のおばちゃんが仁王立ち。
レジのおばちゃんと世間話しているけれど、、、
おばちゃん同士の世間話だけど、、、
なんだろ?威圧感ハンパねー。

でもふと店内に目をやると、そには魅惑の食器コーナー!!

所狭し・・・と成り過ぎだろう!!と言わんばかりにビッシリ重ねられた食器たちの棚が5・6列??
その他、もう満杯だから嵩張るセット物はこっちに置きましたよ。的なテーブルも1列。

前回の記事にもチラッと書いたけど、ホントカナダのスリフトショップは在庫の処分はほとんどしないんだろうな。

早速パイレックスのミキシングボール発見!!
緑のものでCA$4.99!!
青い小さめのサイズのはCA$3.99!!
このサイズ使いやすいんだよね♪
って思ったけど、どれもツヤが消えて白っぽく使用感満載だったので断念。

 

これは確かパイレックス系列の、、、なんて言ったかな?
超美品です。
しかも写真の20pセットで確かCA$25くらい。

でも残念ながら、君たちを買ってしまったらホテルまで担いで帰って、それからアメリカに運ばないといけないのだよ。

コレクションの幅も広げちゃわないように我慢我慢。。。

 

 

奥に見えるのわかりますか?
ファイヤーキングのワンハンドルさんです。
最初あまり好きじゃなかったけれど、一度使ってみたらその使いやすさに感動してしまいました。

それ以降私は毎朝これでシリアル。

1つCA$4.99。
ちょっと高めだけど結構状態良いし、刻印バッチリFireKingついてるしお家に幾つあっても置いて帰れない。。。

 

出てきましたねー。
超美品とはいえソーサー1枚でCA$4は高くないか?
いや、米ドルで$3だと思えば普通か。綺麗だしね。

でもソーサーだけなら要らないかな。

 


店内奥側から撮った写真。
キッチンウェアしか興味ないから、店内のほんの一部だけども。
入り口方面からは厳つい警官のおばちゃんが居るからビビって撮れなかった(汗

 


どうでも良い情報だけども、実家で小さい頃に使ってたパスタ皿にしてたのと全く同じお皿を発見!!
なんかこんなの見つけるとホッコリした気分になるよね。

店内で買い物中、通り掛かる人の全員が私のカゴの中を褒めてくれる。
全部この山から掘り出したものだけどね。

さてはて、本来であればこれら全部連れて帰りたいところではあるけども、先ほども言った通りホテルまで担いで帰って飛行機預け入れのスーツケースの中に入れなければならないので、できるだけ負担とリスクは減らしたい。

再度カケやヒビを細かくチェックして、心を鬼にしながら厳選していく。。
ウーバーなどは使わずホテルまで歩いて帰りたいから、バックパックに入る分だけ。

ちなみにウーバーを使ってしまったら、以降 重さ制限など関係なく買ってしまいそうだから、自分に決まりごとなのです。
ウーバー代で食器買いたいってのもある。

 

厳選に厳選を重ね、半分程度に減らしました!!

 

さて、背負って帰るぞー♪

 

次回は
アンティークショップを発見して寄り道してしまいましたので、その模様を。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください