オースティン弓道に見学行ってきました!!

今日は弓道サークルの見学に行ってきました。

アメリカですよ!テキサスですよっ!!

3日ほど前、私のFacebookに『austin kyudo』の文字が!!

どうやら場所もそんなに遠くなく、通える範囲!!

 

弓道は私の人生の中で唯一成果が表せているスポーツなのです。

早速、日本人コミュニティーなら何か詳しく知っている方はいないかと尋ねたところ、
まだ設立から1か月程度とのこと。

さすが情報すごーいっ!!

毎週日曜日の夕方から練習があっていて、代表者の方は先生ではないとのこと。

生徒さんはまだ数人で、皆さん同じくらいの有段者。

場所は合気道の道場を借りていて、その道場長は女性ということ。

 

ふむふむ。だいぶわかってきた。

おそらく、先生はたまに外部から来てもらっているか、外部に習いに行っている。

たぶん日頃継続して練習するために代表者の方が道場を借りてグループ設立。

合気道の道場ならば、安土などはないため基本体配と巻藁の練習がメイン。だと思う。

設立間もないので、共同で使える道具等は少ないだろう。

ってな感じかしら??

 

早速代表者の方に問い合わせて、見学に行くと伝えました。

もちろん私が英語喋れないことはメールにて。

大丈夫。

弓道用語はわかるよ。っても伝えた!!

 

主人は仕事が入ってた為、一人だよ。

ひとりで行くんだよ。

ひとり、、、でできるもん。。。。

 

気合入れて、合気道と書いてあるドアをノックして開けてみることに。

そしたら白人の女性とアジア人の女性発見が。

よかった。

中は暖房効いてて暖かい。

 

じゃなくて、しばらく話し聞いてると日本語しゃべってくれた!!

ありがとうございます!!

私にとって今日の神様は貴女です!!

 

しばらくすると風呂敷を持った方が3人いらっしゃり、見学のつもりが、奥に行き説明してくださるっぽい。

って思ってたら、体験になってる。。。。

射法八節とか忘れてしまってたよ。

物見の視線とかも順番どうだっけ?ってなってる。。

 

見た感じだと、皆さん道着着用着付け方も良好

拝礼はしないみたいだけど、そもそも神棚もないし(信仰の自由だしね。)、は国旗とかでなく合気道クラブのものみたいだし、
どこに拝礼していいのかわからない。。

なんか拝礼しないで道場入るのって気持ち悪い感覚だけど、今日はぐっと我慢。

 

 

うわぁ。なんか弓持たせてもらったけど、久々のこの感覚。。。

結婚式のドレスの為、肩の筋肉を落とすために弓を弾くのを封印して以来、そのままアメリカに来てしまった。

そうそう、この角度。大好きこの感覚!!

 

なぜだか末弭を床から10cmの高さに離してと言われたけど、私は床から2cm未満の固定でやってきたので難しいです。ごめんなさい。

ズルして4cmまで離したら多めに見てくれた。ありがとう先輩。

 

どうやらイングリッシュで書いてある弓道マニュアルは、全日本弓道連盟のものを簡略化して英語で書き換えてあるもののよう。

基礎で叩き込んだものと一緒なのは都合がいい。

でも困ったことに内容読めないので何も言えないわ。覚えてないし。

早く日本語教本を取り寄せよう。

 

 

アメリカではわからないけれど、
弓道の世界では年配者を敬うのは当然のことながら、先ずは段位がものをいう

つまり、年配・先輩よりも高段者が何においても最優先されるのだ。

 

ちなみに、自分よりも高段者には技術への口出し・意見はご法度
高段者の射を近くで見るのも必ず本人の許可が要ります

 

1つ困ったことに、メンバーの中で私が一番高段者らしい。

 

あらまぁ。

高段者らしく恥かかぬよう練習に励まなければっ!!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください