アメリカで料理酒をさがして

アメリカにも料理酒くらいあるだろ?とお思いかもしれませんが、
ここテキサス州のオースティンでは、日本食材店が1つしかありません。

アジア系マーケットも北部にあり、南部に住む私達にとってはなかなか行きづらい場所に。

帰り道にラッシュにでもハマれば片道1時間。

たまにまとめて買い出しに行くのですが、料理酒買い忘れてたー!!!
ってなってしまうこともしばしば。

 

かといって料理酒1つのために数十マイルの往復は気が重いし、でも無いと困るし。

そこでオースティン在中の皆さん日本酒はどこで何を買っているか聞いてみる事に。

どうやら、日本食材店で料理酒を買うか、スーパーマーケットかリカーショップで日本酒を買うかが主な方法のようです。

【料理酒の効果】

・食材が柔らかくなる
・食材(肉・魚など)の臭みを消す
・風味が増す
・うま味が加わる
・調理の仕上がりを早くする

 

【料理酒の種類と特徴】

料理に使えるお酒は、主に3種類
このような特徴があります。

A.料理酒
酒税が掛からない(日本)
・塩分や添加物が含まれている場合が多い

B.合成酒
酒税が掛かる
・砂糖や有機酸など添加物が含まれている場合が多い

C.清酒(日本酒)
・普通にお酒として呑める
・風味 旨味が良く加わりやすい
・価格が高い

 

テキサスではB.合成酒がなかなか手に入りづらいので、

A.料理酒か、C.清酒 (日本酒)という事になってしまいます。

A.料理酒よりもC.清酒(日本酒)の方が断然美味しく仕上がりるとの事なので、早速近くのリカーショップに行ってきました。

ちなみにHEBなどのお酒コーナーにも清酒(日本酒)は売ってあるそうなんですが、
リカーショップの方が安いのだそうです。

今までリカーショップはCostcoの横にあるところしか行ったことが無かったんですが、Spec’sというリカーショップのチェーン店を紹介してもらいました。
ワインを初め、世界各国のお酒がそろっています。

 

今回購入した清酒(日本酒)松竹梅

 

 

【テキサス・オースティンの販売価格】
※地域・店舗・時期などによって異なり、実体験で記載しています

Spec’s
・松竹梅 750ml $6.20  /1500ml $10.20
・月桂 750ml $ – /1500ml $11.02

あさひ(日本食材店)
キッコーマン料理酒 1000ml $6.99
・松竹梅 750ml $ – /1500ml $ –
・月桂 750ml $ – /1500ml $ –

Han Yang(韓国系食材店)
キッコーマン料理酒 1000ml $8.97

 

【まとめ】

結局 料理酒として清酒(日本酒)を購入しましたが、お肉の臭みをとったり、お肉を柔らかくすることに関してとても優秀!!

 

そしてアメリカで日本食を維持するためには「お酒」「醤油」「本だし」があれば大抵のものはこれでいけると思いました。

「料理酒」「清酒(日本酒)」にして リカーショップやスーパーマーケットで、
「本だし」はアジア系スーパーマーケットで特大サイズの箱が$10強程度で売っていますし、
「醤油」は普通のスーパーマーケットでも取り扱いがあります。

 

この清酒を使って料理してみました
-記事「アメリカの材料でカンタン肉じゃがレシピ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカで料理酒をさがして” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください