アメリカでワッフル作り (1)

アメリカの朝食といえばワッフル!!

折角なのでアメリカンブレックファストお洒落にワッフル楽しみたい!!
と思って自宅でワッフル作りに挑戦してみました。

・アメリカンワッフルとベルギーワッフルの違い
・ワッフルメーカー購入
・ワッフルの焼き方

 

【アメリカンワッフルとベルギーワッフルの違い】

ベルギーワッフルとは何ぞやと調べてみたら、
カフェのオーダーカウンターとかに置いてあるやつ。です。
あぁ確かに違う。
今までそんなに気にしてもいませんでしたが、気づいたからには
簡単に違いを書いてみました。

アメリカンワッフル
ベーキングパウダーで膨らませてつくる(ケーキなど)
軽い触感

ベルギーワッフル
イースト菌で発酵させて作る(パンなど)
ずっしりした触感

なんかベルギーワッフルのほうがオシャンティーな気もしますが、ここはアメリカ!!
作る時間も手間も圧倒的にアメリカンワッフルのほうが楽ちんなので、
今回はアメリカンワッフルを作りますよ!!

 

【ワッフルメーカー購入】

日本では四角のワッフルが主流ですが、アメリカでは丸いタイプがポピュラーの様です。
すごく迷いましたが、折角のアメリカなので主流の丸いタイプから選んでみました。
もちろん四角いタイプでも良さそうなものがあったら選ぶつもりでしたが、何せ丸いタイプが大半です。
店頭のものもいろいろみてまわりましたが、結局Amazonで
「BLACK+DECKER」WMD200B Double Flip Waffle Makerを選びました。
一番の特徴は同時に2枚焼けること!!
これは大正解♪
だって2人以上の時じゃないとほとんど使いません。

1枚焼くのに5分以上かかるので、出来上がりの時間差が少ないのはポイント大です。

 

【ワッフルの焼き方】

機種によって扱いが違いますが、大まかな流れを参考にされてください。

電源を入れ温めて、プレート部分にオイルを多めに吹きかけます。オイルはスプレータイプが主流ですが、私は刷毛でぬりぬりしています。

十分プレートが温まったら、生地を乗せ蓋を閉じロックをし、くるりと反転させます。
ダブルプレートの場合はもう1つも同じようにします。

5分程度焼いたら出来上がり。
焼き時間でお好みでしっとりやわらかや、さっくっと香ばしくが調整できます。

 

■まとめ

どんどん掘り下げて下記を書いていく予定です!

・パンケーキミックスのメーカー特徴比較
・ワッフル用パンケーキミックスの独自配合レシピ
・パンケーキミックスの独自配合レシピ
・おすすめトッピング

夢のおしゃれなワッフルライフを共に目指しましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください