UTのESLの手続きや面接を受けてみた。 – UT学生記(3)

UT ESLに入学を決めたものの、学力テストで完全沈没した私は入学を辞めようかと本気で悩みましたが、
主人から「とりあえずやってみてそれから考えればいいと」励まされ、とりあえずランチへ。

 

■キャンパス周辺でランチ

オースティンキャンパス周辺には沢山のカフェやレストラン、ファストフード店がありますが、
UT(テキサス大学)のCo-op(大学生協)の裏側には広場があり、フードトラックが何台か集まっています。
野外フードコートみたいな感じで気軽に楽しめます

Co-op
巨大なロングホーンが目印!!

営業時間はそれぞれ違い 11:00~5:00位までや、お昼前後のみなど様々です。
日本の「DON」というフードトラックも大人気で、丼ものがメインで「かっぱえびせん」など日本のスナックも買えます。

tacos

私は「Jefes」のtacosをチョイス。主人はQuesadillaという食べ物で、どちらも$6。

 

■支払い等の事務手続き

私は前後日にどうしても外せない用事を事前に伝えていた為、学力テストと事務手続きなどを1日にまとめていただきました。
他の方とは日程が違うため、もしかしたら場所ややり方が違うかもしれません。

事務手続きなどはインターナショナルオフィス(The University of Texas at Austin:International Office)という場所で行います。
スターバックスの隣のビルです。

office

2階の受付のお姉さんが対応してくれます。
書類などを記入して更に奥の部屋に通されると、保険の確認や(私は別途加入していたので不要でした)、
書類の提出や、申し込みの際に支払ったデポジット$100を除く、残金の支払いなどをします。
もしもの時の解約のポリシーなども読み、とりあえずこのまま進めてみることに。
担当の方はとてもフレンドリーで日本語も少しお出来になり、疑問など親切に教えてもらいました。

 

■面接

更に別室に行き面接です。
面接といっても、会話で英語の能力を確認されているようで、
これとテストの成績でクラスを決定していくのだと思われます。

出身地や家族のこと、滞在予定などを聞かれた後、
イラストがいくつか書かれた紙を見せられて、何をしている様子かを尋ねられました。
面接時間は5分ちょいくらいだったと思いますが、英語を使って1対1で会話することがなかったので、
なかなか言葉が出てこなさ具合に焦りました!!

 

■学生用学習管理サイト登録

またまたテストのあったESLのビルに戻り、PCで学習管理サイトCanvasにアクセスする方法を教わったり、PWの設定を行います。
後ででも変更可能ですが、数字と記号とアルファベット大・小文字が混ざったPWを作らなくてはいけませんので、事前に考えておくとスムーズです。
あと、学生メールアドレスももらえました。
Googleと連携して、Gmailでも確認できます。

さすがハイテクですね!
これで先生からお知らせがあったり、宿題提出などもするそうです。

 

■まとめ

何とか入学手続き終了!! なんとか。

ひとまず安心してサンフランシスコに行けます♪ (外せない用事です!!)

次回のUT ESLシリーズはテキスト購入を書く予定です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください